広告について

世界最古の広告とは?

[vkExUnit_ad area=before]

今からおよそ3千年前、古代バビロニアのエジプト人木織師が書いた「逃げた奴隷を捕まえて下さい、捕まえた方にはお礼を進呈します。捕まえた方には金貨1枚の謝礼」というパピルス紙が、世界最古の広告と言われております。その歴史は長いものです。

こちらには広告要素の5つの基本構成が含まれております。

1.メッセージ本文(お尋ね文)
2.メッセージ掲載媒体(パピルス紙)
3.広告主(エジプト木織師)
4.対象者(懸賞金目当ての方)
5.報酬(金貨1枚)

最も重要とされるのが、5の報酬です。

伝えたい方が媒体を用いて、不特定多数の方に報酬というお金を発生させた形でメッセージを伝えています。
これが広告の基本構成となり、現在では、マス広告、SP広告、店頭販促物といった形に変化しております。

また、報酬が発生しない場合には、広報やパブリシティとなり、広告とは区別されることがあります。

広告手法は様々であり、広告代理店を通して媒体を利用する場合、直接媒体を利用する場合がありますが、
何を誰にどのようにといったことであったり、1社1社媒体との交渉をするのも時間と労力を必要とします。

広告代理店を通すと、窓口が1本化され、時間と労力を担保することが出来ます。

[vkExUnit_ad area=after]