広告について

広告の果たす役割とは

こんにちわ。広告事業部の下地です。

今日も暑い一日でしたね。熱中症対策はしっかりとしなくては。
我が社では、今週よりクーラーを平日はつけっぱなしにしようと考えています。
クーラーが起動する瞬間が電気量かかるらしいので、本当か検証のためです。
温度は25度。風量は最弱にしていますが、なんとも快適ですね。

さて、本日は読谷村へお客様を訪問してきました。
その帰り道ふと不思議な看板を見かけました。

どういった看板だったかというと、

・文字がよく見えない
・何を紹介しているのか分からない
・値段らしきのも見えづらい

こんな感じの立て看板でした。
ガードレースに設置されており、恐らくは居酒屋のメニューかなという印象。
この看板の意図する目的はこんな感じかと。

・疑問に思わせ来店へ繋げる
・あえて見えにくくし疑問を投げかける
・目に止まるようにする

この中で、目に止まるようにするは正解でしたね。
現に疑問に思ったので。

しかしながら、古い広告方法だと思います。
なぜなら、広告の本来の目的を果たしていないからです。

手段と目的がごっちゃになった看板広告です。

看板は来店動機に繋げる手段です。目的は来店なはずです。
なぜ、こういったミスマッチが起こってしまったのか疑問です。

こういった事例を止めるのが広告代理店の果たす役割です。
広告の果たす役割を明確にしないと、意味がなくなります。

メニューのよくわからないお店へ入りますか?
値段が分からないお店へ入りますか?
こういったお店に入ろうと思いますか?

せっかく看板を作って設置するのであれば、
そこは明確にすべきです。そしてこの看板の役割は
道を通る人達へのメッセージです。

あれ?と思わせるのも一つの手法ですが、
ここは明確にメッセージを発信して欲しいですね。

こちらの疑問看板で集客がアップしているかもしれないので、
一概に言えないのですが、見えるのと見えないのとの違いも知ることも大切です。