TV-CM

テレビCMについて

テレビCMを考える時にいくつか放送パターンがあります。

大きく分けて2種類になるのですが、

時間取りCM
フリースポットCM

があります。

例えば、時間取りと呼ばれる取り方の種類では、

・全日型
・逆L型
・コの字型
・ヨの字型
・深夜型
・提供型

などいくつかあります。

なんとなく覚えづらいし難しいですよね。

弊社では時間取りをご希望とされる場合は、全日型をお勧めします。

・全日型

メリット
・単価が安い
・各時間帯曜日にまんべんなく設定可能

デメリット
・深夜早朝帯にも設定される
・番組指定が難しい

当然ながらメリットデメリットはあります。
それでも時間取りをしているので、多少のズレはありますが、
予定通りの時間帯に放送されます。

テレビ局へ発注をかける際に、予算とこのCMパターンを元に依頼をします。
そして、時間取り表というのが送られてきます。これはテレビ局が予算に応じたCM本数を振り分けた表です。

弊社では、この時間取り表をもらった段階で再調整を依頼する事が多いです。
この番組の時間帯に流したい、この時間帯よりこちらの時間帯など調整を行っております。
他の代理店さんも同様の事をされていると思います。

時間取り表が確定した段階で、CMが放送されます。番組の進行状況や生放送により
多少変更がある場合がありますが、事前にお知らせが来るのでご安心下さい。

全日の1本単価は、テレビ局により違いがあります。
沖縄の場合、平均10,000円〜25,000円の間が相場となります。

・フリースポット型

メリット
・1本単価が安い

デメリット
・時間指定が出来ない

もう1つの取り方はフリースポットです。こちらは全日型や番組提供で抑えられた時間以外に放送されます。
メリットは1本単価が安いというところです。そのかわり、時間しては出来ませんので、深夜早朝時間帯にも流れます。

しかしながら、CM本数を多くということであれば、オススメをしております。
また、全日型などの時間取りだと、平日Aタイムと呼ばれる時間帯に流れる本数は決まっておりますが、
フリースポット型だと空いてる時間に流れる訳ですので、Aタイムの本数が全日型よりも多く流れる場合があります。
月によりCM本数の混雑状況にもよりますが、フリースポット型のメリットの一つです。

放送単価は、沖縄の場合、7,500円〜となります。現時点での単価ですので、変更の場合があるかもしれません。

CM放送を開始するメリットがもう一つあります。

番組内告知です。

例えば、ある商品をこの時期には露出を多くしたいといった場合、テレビ局へ相談し、
番組内で告知出来ないかと持ちかけます。

その後、テレビ局側から、この番組なら告知可能ですといった連絡があります。
生放送であったり、収録であったりします。
番組構成によっては、CMと原稿告知が可能で。テロップ紹介のみという場合もあります。

テレビCMは、広く全世代へ告知する事が出来ます。各家庭へ定着している媒体でもありますし、
実績もございます。新規オープンや決算セールなど広く告知する場合にオススメです。